大同機械製作所
会社案内 採用情報 大同特殊鋼グループ

本機はバイト切削により、鋼管の端面に平面(プレーンエンド)+面取り加工、あるいは 開先(ベベルエンド)加工を行うことを目的とした専用機であります。面取り加工および開先加工はメカ倣い機構を有するため、パイプ内径、あるいは 外径に対し均一な切削面が得られ、安定した品質が確保できます。

  1. パイプ内面・外面に沿うメカ倣い機構により、開先加工部のルートフェイス寸法が安定、かつ高精度に確保できます。
  2. 切刃がパイプ加工部位に対して全面的に当り切削するため、高能率に端面、および開先加工が行えます。
  3. 主軸、主軸頭、面盤、クランプ装置等は剛性の高い構造であり、厚肉パイプに対して安定した切削が可能です。
  4. 主軸回転数および送り速度は無段階に設定できるため、最適な切削条件が選択できます。
  5. 切屑の処理は飛散防止カバー、チップシュート、チップコンベヤーにより確実に機外へ排出されます。
  6. 切削時パイプ内に残留した切屑はバックブローエアーにより確実に除去されます。

パイプ径

小径用

25〜100mm

中径用 100〜450mm
大径用 450〜1600mm
パイプ肉厚 Max45mm
加工形状 平面、外開先、内開先、内外開先 他

 >>個人情報保護規定
Copyright(c) 2007Daido machinery, Ltd. All rights reserved.